Webデザイナーが副業するためにオススメのサイト5選!

2019.02.04

Webデザイナーが副業の案件を探す際にオススメのサイトを、今回は5個ピックアップしました。自分がまだ知らないサービスがないか、これを機会にチェックしてみてください。

Webデザイナーが副業先を探す際にオススメのサイト5選!

① Codeal(コデアル )

一つ目はCodeal(コデアル)というサービスです。他のサービスよりも「リモートで対応できる案件が多い事」が一番の特徴で、地方在住の人も利用できます。 報酬は最低でも時給2500円~で、しっかりとしたスキルと経験があれば時給5000円以上もらう事も可能です。ただし報酬が比較的高めに設定されている分、求められるレベルも高くなります。 

② Workship AGENT(ワークシップエージェント)

2つ目はワークシップエージェントです。フリーランスのクリエイターやエンジニア向けに案件を紹介しているエージェントのひとつです。リモートで対応できる案件や、平日の業務後もしくは土日の勤務でOKな案件も紹介しているので、副業がしたい会社員の人でも利用出来ます。 サービスが立ち上がって間もないので、いまのところ案件数はまだ少し少なめですが、2019年の5月まで掲載料などが全て無料になるキャンペーンを開催中なので、今後さらに増える可能性があります。 

③ ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズもフリーランス向けのエージェントのひとつです。土日を使って対応できる案件や、リモート勤務OKの案件もありますが、働き方の自由度はワークシップエージェントの方が高めです。(※スキルや経験によっては相談で交渉できる可能性もあります。) ただしその代わり紹介している案件の数が多く、HPやECサイトを担当するWEBデザイナー、UI/UXデザイナー、スマートフォンゲームのキャラクターデザイナーなど様々な種類の案件に応募する事ができます。 

④ ランサーズ

クラウドソーシングのLancersも、オススメのひとつです。デザイナー向けの仕事は案件によって当たり外れが結構激しく、単価は他のサイトよりも低めになるので、ある程度経験がある人はしっかりと見極めを行う必要がありますが、初心者のデザイナーにとっては、経験を積みやすいというメリットがあります。 ちなみに案件の種類は、コンペ形式とプロジェクト形式の2つありますが、実績がほとんどない初心者の場合は、コンペに応募してみる事をオススメします。単価が低めのものが多いのでライバルが少ないです。もし採用されればお金も貰えてラッキーですが、仮に採用されなくても実績は増えるので、積極的に応募してみる事をオススメします。 

ミライエンジニア

最後にオススメしたいのが「ミライエンジニア」というサービスです。サービス名からもわかるようにこちらはエンジニア向けのサービスですが、掲載している案件の90%がリモート案件なので、副業を探している人に向いていて、なおかつ一部マークアップエンジニアなど、WEBデザイナーでも応募可能な案件があるので、今回ピックアップしました。 

働き方の自由度が高い案件ならシューマツワーカーがオススメ

全部で5つのサービスを紹介してきましたが、働き方の自由度が高い案件を狙うなら「シューマツワーカー 」というサービスがオススメです。 シューマツワーカーなら最低週10時間~から案件に参加可能で、リモートでの対応はもちろん、平日の夜に数時間だけ働いたり、土日だけ勤務するといった事も可能です。 もともと副業を探している会社員の人向けのサービスという事もありますが、今まで条件に合う案件がなかなか見つからなかった人も、シューマツワーカーなら案件が見つけられる可能性が高いのでこれを機会にぜひ一度チェックしてみてください。 

シューマツワーカで副業案件を探す

 

関連記事

人気キーワード

カテゴリ一覧

シューマツワーカーとは?

今、 “働き方” がどんどん変化し、会社を辞めずに『副業』や『複業』をする人が増えています。しかし、いざ副業をしようと思っても、どこで仕事を探せばいいのかわかりませんよね。副業マッチングサービス シューマツワーカーはそんなあなたへ、週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業をご紹介するサービスです。フロントエンドエンジニアの副業案件バックエンドエンジニアの副業案件マーケターの副業案件デザイナーの副業案件と、ITやWeb業界の職種を中心に、多種多様な副業を紹介しています。週末や平日の空き時間を使ってスタートアップやベンチャー企業に参画しませんか?副業を探すならシューマツワーカー