スキルあるシューマツワーカーを活用し、事業の立ち上がりを加速させる 株式会社TEIT CEO濁沼 広樹様 導入企業インタビューVol.1

2018.06.02

導入企業インタビュー vol.1 〜大手企業の優秀な人材やスタートアップで働いている人材の採用に〜 株式会社TEIT様 https://teit-inc.com/ CEO濁沼 広樹様

最近、ビジネスの現場の至る所でAIという言葉が聞こえるようになってきました。しかし、AIを使って業務を効率化したいと考えても、具体的にどのようにAIを活用していくべきか悩んでいる方も多いでしょう。今回は、AI分野のコンサルティングサービスを提供している株式会社TEIT CEOの濁沼様にお仕事の内容や、シューマツワーカーをどのように活用されているか、インタビューを行いました。

Q1.貴社の事業内容について教えてください

今はAI分野のコンサルティングを主に行なっています。あとは今後の事業の柱となる自社サービスの開発を行っています。AI分野は少し前からニュースやメディアでも取り上げられている通り、注目度が日に日に高まっています。ただ言葉だけが取り上げられるケースも多く、具体的にAIで何を実現できるものかを理解していない企業もたくさんあります。

パターンとしては3つあって、 ①AIでそもそも何が出来るかをわかっていない ②自社の事業にどう取り入れていいかわからない ③どのように開発を進めて良いかわからない そんなお客様に対してAIが実現出来ること、それをどう自社サービスに活かせるのか、具体的な開発のプランニングまでを行っています。お客様は完全に紹介で頂いているのですが、現状ありがたいことに対応出来ないくらいのお仕事のお話を頂いている状況です。

また自社サービス海外の旅行者向けチャットボットを作っています。コンセプトとしては”旅行者にとって快適な旅を”です。私もこれまでいくつも旅行をしてきましたが、原体験としてガイドがいるのといないのでは旅のサクサク度が全然違うと思うんです。ただガイドをつけると団体行動になってしまったり、旅に様々な制約条件がついて自由度が失われてしまう。その代わりにアプリケーションになれば、自由度を失われずより快適な旅が出来ると思い開発をしています。

Q2.今後の事業の展開について教えてください

今開発しているチャットボットを世界に展開していきます。日本語よりも英語のが圧倒的に開発が楽ですし、マーケティング的な視点としても英語圏のが圧倒的に人口が多い。この二点から英語圏からスタートして、世界にサービスを広めていくことを考えています。いつかは世界のどこに行っても現地のオススメの飲食店が聞けたりとか、それぞれの観光地に行った時にトリビア的なものを説明してくれる。そんなチャットボットサービスにして行こうと思っています。

シューマツワーカーはスタートアップ企業にとっての大きなリスクヘッジになる 株式会社TEIT CEO濁沼 広樹様

Q3.シューマツワーカーを活用するきっかけは

正直なところリスクの軽減が大きいですね。立ち上がったばかりのスタートアップ企業にとっていきなり正社員を採用するリスクはとても大きいと感じています。それはサービスや事業を確立することが最優先のスタートアップの中で、採用するために多くのリソースを投下する時間的なコストのリスクもありますし、費用的なリスクも当然あります。それとシューマツワーカーを活用するリスクを比較しました。そう考えた時に圧倒的にシューマツワーカーを活用した方がリスクが低いと感じました。弊社の場合はスポットで入るコンサルティング案件もあるので、正社員を採用するよりはフレキシブルに人材を活用出来るところも良いと思いました。

Q4.現在どんなポジションでシューマツワーカーを活用されていますか?

今現在シューマツワーカーさん二人に手伝ってもらっているのですが、二人ともエンジニアです。その中で一人は今はコンサルの中で請け負った仕事を、もう一人は自社サービスを手伝ってもらっています。2人とも基本的にはフルリモートでやってもらっており、コミュニケーションはslackのチャットでとっていますが、今のところコミュニケーションの齟齬とかは全く起こってないですし、特に問題もありません。元々スキルの高い人材にお手伝い頂いているので本当に助かっています。

Q5.今後のハタラキカタはどうなっていくと思いますか?

極論、すべての人が副業できるような環境になっていくと思います。もしかしたらすべての人がフリーランスみたいな状況になっていく可能性すらあると思います。少子高齢化でインカムよりもアウトカムが圧倒的に増える状況になっていくの間違いないですし、政府にも会社にも頼れない世の中になっていく可能性だってあります。そうすると会社に縛られないで自分の力で生きていくしかないですよね。それに既に気づいている人は気づいているのかと思います。年収400万円で必死で働いている会社員の30代よりも、20代でしっかり実力をつけて、フリーランスとしてある程度のお金と時間の自由を手に入れられる30代の人生の方が豊かだと思うんですよね。

インタビューを終えて

全ての人がフリーランスのようになっていく状況は十分考えられそうですね。できる限り若いうちから、実力をつけて、いつでも会社を辞められる、フリーでもやっていける、と言う状況を作っておくことがこれからの時代重要になってきそうです。スキルを伸ばすには、様々な方法がありますが、まずは週末を使ってスタートアップで副業をしてみませんか?スキルアップとして、ぜひシューマツワーカーをご利用ください。

シューマツワーカで副業案件を探す

関連記事

人気キーワード

カテゴリ一覧

シューマツワーカーとは?

今、 “働き方” がどんどん変化し、会社を辞めずに『副業』や『複業』をする人が増えています。しかし、いざ副業をしようと思っても、どこで仕事を探せばいいのかわかりませんよね。副業マッチングサービス シューマツワーカーはそんなあなたへ、週末や平日夜などの空いてる時間に働ける企業をご紹介するサービスです。フロントエンドエンジニアの副業案件バックエンドエンジニアの副業案件マーケターの副業案件デザイナーの副業案件と、ITやWeb業界の職種を中心に、多種多様な副業を紹介しています。週末や平日の空き時間を使ってスタートアップやベンチャー企業に参画しませんか?副業を探すならシューマツワーカー